購入費用の内訳・内覧会でのチェックポイントなど建売住宅を買う際のよくある疑問点をご紹介します

建売住宅を買う際には税金についても調べておこう

マイホームを購入することを夢見て一生懸命働いている人が沢山いますが、お金を集めるのと同時に一戸建ての家に関する知識もどんどん学ぶ必要があります。
一戸建ての家の中でも建売住宅は人気がありこの形で購入する人がとても多いのですが、その際に問題となるのが税金に関することなのでこのことに関してはよく調べておくことが大切です。
建売住宅を購入した後には固定資産税が発生するので事前にチェックしておく必要がありますし、どれ位払わなければならないのか確認しておくことはとても重要なことです。
金額が決定する基準は固定資産課税台帳に記載されている価格の1.4%となり、その年の1月1日に固定資産を所有している人が課税対象であると決められています。
基本的には年4回に分けて納付しますが1年分を一括で納付することもでき、1年の途中で固定資産を手に入れた場合は引き渡し以降の金額を日割りにして購入時に支払うのが原則です。
このように建売住宅を買う際には固定資産税を支払う必要があるので、誰がどれ位の金額を払う必要があるのかよく確認しておくようにした方が良いです。

建売住宅を手に入れる場合にはその相場を確認する

これから建売り住宅を手に入れたいと考えている場合には、建売住宅の相場だけはしっかりと確認しておいた方が良いです。
一般的にどれぐらいの金額になっているかわかれば、おおよそ購入するめどが立つかもしれません。
とは言え、場所によって随分と金額が違うことがわかります。
例えば、埼玉県のさいたま市に住んでいる人が東京都の住宅の相場を見てもあまり意味がないかもしれません。
それとは別に、建築会社によっても価格帯が異なることが多いです。
比較的安く建築するところもあれば、安い金額ではなく高級な建築会社もあるわけです。
そのようなところにお願いをした場合には、それなりの金額になることが想定できます。
そうすると、仮に平均的な料金がわかったとしてもあまり意味がないことが理解できるわけです。
つまり、同じ建築会社で近くにある建物を見るのが1番良いといえます。
他の会社はあくまで目安程度にその費用を考えておかなければいけません。

建売に関する情報サイト
住宅を購入しよう

建売住宅を購入する際、その住宅購入の費用に関する内訳は細かくチェックする必要があります。住宅の購入金額に諸費用は含まれているのかそれとも別なのかで、結果的に大きな違いになる事があります。主に土地等の名義変更に関する書類の費用であったり、住宅が建設完了した時の検査費用、インターネットの工事費用等、書類の内訳に記載しない町内会費用や固定資産税等も見落としがちなので、購入費用と維持費用の両面から内訳は細かく見るべきです。

Search