購入費用の内訳・内覧会でのチェックポイントなど建売住宅を買う際のよくある疑問点をご紹介します

着工前の建売住宅ならば間取り変更が可能?

建て売り住宅を建設する場合そのタイミングが重要になります。
購入する側としては建て売り住宅が購入できるならばいつでも良いかもしれませんが、まだ着工中の場合には間取りの変更ができる可能性も全く指定できないわけではありません。
もし間取りの変更することができるならば、ほぼ注文住宅と同じような形になるでしょう。
この点は、結論から言えば住宅の建築と異なり建売住宅の場合間取りの変更は通常認められません。
それ故、建売住宅においてはまだ着工前の段階であっても間取りの変更自体は指定されるのが特徴です。
もっとも、間取りは難しかったとしても、壁紙の変更が認められる可能性があります。
それ以外では、オプションなどで洗面場を1つつけると言うものもあります。
当然それはサービスではないため、別にお金を支払わなければいけませんが、かなり魅力的な話かもしれません。
これから建売住宅を手に入れる場合、着工中であればいくつか話を聞いてみてどのあたりまでできるのか尋ねるべきです。

お得で住みやすい!建売リフォームのメリット

マイホームを手に入れる際に土地と建物を1セットで購入する物件を建売住宅といいます。
購入者と契約する前に住宅を建設するため真新しいキッチンやバスルーム、トイレなどの水回りを採用しており、手頃に購入できるのもメリットです。
この建売住宅を購入してリフォームする方が増えています。
ライフスタイルに合わない場合もあるという建売住宅の課題を、購入後の部分リフォームによって解決できるのが魅力です。
主にフローリングに無垢材を採用したり新たな収納スペースを設ける、システムキッチンの水栓を交換したりシンク下にゴミ箱スペースを設ける、木製ドアに変更するといったように購入世帯の使い勝手に合わせられるのが魅力になっています。
実際に住んでみて感じた不便な部分を対象にするため、失敗を避けやすいのも特徴です。
価格の安い中古住宅の部分リノベが注目されていましたが、さらに一歩進んで、住宅性能・機能性が優れた建売住宅を部分リノベする世帯が増えています。

建売に関する情報サイト
住宅を購入しよう

建売住宅を購入する際、その住宅購入の費用に関する内訳は細かくチェックする必要があります。住宅の購入金額に諸費用は含まれているのかそれとも別なのかで、結果的に大きな違いになる事があります。主に土地等の名義変更に関する書類の費用であったり、住宅が建設完了した時の検査費用、インターネットの工事費用等、書類の内訳に記載しない町内会費用や固定資産税等も見落としがちなので、購入費用と維持費用の両面から内訳は細かく見るべきです。

Search